白い歯になる白い歯になる近道

ホワイトニングの向き不向き

歯のホワイトニングは、歯科・審美歯科でやってもらうこともできれば、ほぼおなじことができるキットを買って、自分でやることもできます。

このキットは、まず歯型を取ってマウスピースを作ります。このマウスピースの歯の当たる部分に漂白効果のある薬剤を塗るのです。

それを口にはめると、ゆっくりと歯の表面にこの薬剤がしみこみ、その成分が歯を白くしてくれる……という仕掛けです。

この仕組み自体は同じです。が、歯科・審美歯科でやる「オフィスホワイトニング」と自分でやる「ホームホワイトニング」では、使用する薬剤に違いがあります。

ホームホワイトニングの薬剤は濃度が薄めなのです。

このため、効果が出るまでに時間がかかります。そのせいで、途中で断念する人も少なくありません。

また、いくら「白い歯を手に入れるためだから、最後までがんばる」と決意していても、途中でトラブルが出ることがあります。

まず、マウスピースの変形。いくらホームホワイトングの薄めの濃度の薬剤でも、使っているうちに、マウスピースに影響を与えてしまうようです。

また、歯がすり減っている、ひび割れている、虫歯がある……といった場合は、そこに薬剤が入り込んで、しみるようです。

さらにひどい場合は、炎症を起こし、激痛が走ることもあるようです。

もともと知覚過敏の人は虫歯などがなくても、かなりつらいものになるようです。

また、これを続けている間は、歯の保護膜が弱っています。飲食物に気をつけないと、容易に着色してしまい、ホワイトニングとは逆の結果になってしまいます。

関連記事