白い歯になる白い歯になる近道

歯科ホワイトニングの問題

ホワイトニングをすることに不安を感じる人もいるでしょう。

たとえば「歯に薬剤を塗る」というのに反応する人もいるでしょう。「表面が溶けるなど、歯にダメージがあるのではないか」

でも、これは専門からちゃんと結論が出ています。「コーラを飲んで、表面が溶けるのよりも少ないぐらい」です。

ただ、しみるような痛みが発生することはあります。が、これも一時的なものです。けっして「副作用」というほど大げさなものではありません。

また、近年、エステサロンでも「ホワイトニング」を扱うところが増えてきました。また、ドラッグストアやネット販売で、「ホワイトニング効果がある」とするグッズも売られています。

が、本来のホワイトニングは医療行為です。歯科医師本人か、歯科医師から指示を受けた歯科衛生士だけができます。

これらは、別のものと考えたほうがいいでしょう。

中には、「研磨剤」を使ったようなものもあるようです。これは歯の表面を削って、汚れを落とします。確実に歯のダメージになります。

こういったものに目がいくのは、本来のホワイトニングの料金が高いせいもあるでしょう。

一連のホワイトニングを済ませるだけでも、けっこうな料金がかかります。なのに、その効果は数ヶ月しか持ちません。「ずっと白い歯で痛い」と思えば、その高い施療を繰り返し受ける必要があります。

こういった場合は、特性のマウスピースだけ歯科で用意してもらい、後は自宅で続ける「ホームホワイトニング」も組み合わせるように考えてみましょう。マウスピースは繰り返し使えますので、あとは薬剤の金額ぐらいで済みます。

関連記事