白い歯になる白い歯になる近道

ホワイトニングの実際

「ホワイトニングをやってみようか」と考えると金い、気になることとしては、@費用、A効果、B効果の持続性、C安全性、といったところでしょう。

@の費用は少し覚悟する必要があります。

まず、健康保険が利きません。ホワイトニングは、一般の歯科でもやっているところがあります。また、美容専門の歯科である審美歯科が本来の診療先です。

このどちらであっても健康保険は利きません。また、料金も相手が自由に決めることができます。

ですから、かなり幅があります。が、だいたいは30万円を基本ぐらいに考えておいていいでしょう。

Aの効果に関してです。1回やったぐらいでは、大きな変化にはなりません。最低でも3回は必要でしょう。先の金額も数回やってもらうことを前提に考えています。

Bの持続性です。これは数ヶ月と考えていいでしょう。もし、「ずっと白い歯でいたい」というのならば、定期的に繰り返しホワイトニングをやる必要があります。

Cの安全性です。「ホワイトニングの薬剤で歯がボロボロになってしまうのでは」ということに関しては全く心配は不要です。「コーラを歯に塗るほうがダメージが大きい」といわれるぐらいです。

ちゃんと防止策は採られていますが、「歯茎にしみる」ということたまにあるようです。が、これもすぐに治まる程度のものです。

もし、費用の負担が大きいようならば、自宅でやる「ホームホワイトニング」に切り替えることも選択肢に加えてもいいでしょう。

また、近年は「格安料金」をセールスポイントにするところも出てきています。こまめにチェックしてみましょう。

関連記事